婚約指輪と結婚指輪

今まで交際を続けていたカップルにとって結婚は新たな人生のスタートです。
結婚を決めたとしてもすぐにそのまま婚姻届を出す人は少なく、大概の人は婚約期間があります。
婚約期間はプロポーズを受けてから、婚姻届を出すまでの時間の事を指します。
この期間に女性が婚約をしていると示すものが婚約指輪になります。

今、婚約指輪は約6割のカップルしか送らなくなっています。
婚約指輪は給料の3か月分と言われているため高価なものというイメージが高いです。
婚約指輪も高いものは高いですが、平均的に20万~30万円ぐらいで購入している人が多いです。
そのような相場を知らない人にとっては、婚約指輪は高いからもったいないとか、違うものにお金を使おうという発想になってしまいます。
特に婚約指輪は、結婚式の前日までしか使用しません。

短い人であれは数か月、長くても1年から2年ぐらいの期間しか身に付けないジュエリーです。
そのため、なくてもいいと考えてしまう人が多いです。

しかし結婚してから家族を持つと今までの様に自分にお金を掛ける事が少なくなります。
そのため高級なものを買う事が少なくなります。
晴れの日などに身に付けるなど活用する事でもったいないという気落ちは減るのではないでしょうか。
更に最近では結婚指輪も同じブランドでそろえるとセットリングの様になるものが増えています。
結婚してからも婚約指輪を重ね付けした時にフィット感が違います。
一緒に身に付けやすくなる為、婚約指輪が眠ったままになってしまう事が少なくなります。
どちらも思い出に残るものだからこそ身に付けやすいものを選びましょう。



<注目サイト>
高品質の婚約指輪を手ごろな価格で販売しています >>> 婚約指輪 価格